できる・わかる!素人マーケティング講座
マーケティングは大手企業だけのもとではない!中小企業だって、個人経営にとってもマーケティングは活用できる! マーケティングは簡単です。いえ簡単に説明します!もっと簡単に自分に生かしましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
購買につながる行動パターン シリーズ1
現在のランキングチェック! ← 人気ブログランキング


この記事を読んで頂いて、ありがとうございます!


ここのところのシリーズで、消費行動の法則について解説をしていたので、今回から「購買行動のパターン」を解説します♪

消費と購買、どう違うんだ!?
なんて意見はとりあえず置いといて・・・・(笑

さて・・・・
この購買行動パターンですが、6パターンあると言われています。

まず、パターン1。

最新記事や他ブログの更新はこちらで確認できます♪
-----------------------------------------------------

■メルマガ配信中です♪

『できる!わかる!一分間マーケティング講座』








>>メルマガの詳細はこちらをクリック!(マガジンID:0000170081)

-----------------------------------------------------

これは、「1回きりの購入者」と言われています。

よくあるキャンペーンや一時の過剰な広告に反応してしまう方の行動パターンです。

「1回きり」とは、どーゆーことか?


要するに、
「とりあえず試してみよう」
「1回ぐらい買ってみよう」

ということです。


このパターンは、100円前後の安い商品で起きやすい購買パターンです。

仮に、商品Aがキャンペーンをしてました。

通常150円のところを20円引きの130円。

とりあえず買ってみようか?

となるパターンです。



あ、先に言っておきますが、
この「とりあえず買う」という購買行動は、
商品Aのブランドに対して価値を見出したから購買した訳ではありません。

商品Aというブランドに価値を見出すのは、
購買した後に使ってから発生します。

ですので、その前の「買う」という行動については、
ブランドに親近感が沸いた・・・とか、
ブランドに共感・感動した・・・・など、
心理状況に変化は起きませんので(笑


アイドマ・アイシーズの法則からすれば、
この「とりあえず買う」という購買行動は、
アイドマ・アイシーズの逆の法則になります。

アクションからスタート・・・みたいな。ね♪


次回は次のパターン2を解説します。

お楽しみに(笑


役に立った!と思った方はコチラをクリックしてね♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marketblog.blog23.fc2.com/tb.php/14-5ecb9814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。