できる・わかる!素人マーケティング講座
マーケティングは大手企業だけのもとではない!中小企業だって、個人経営にとってもマーケティングは活用できる! マーケティングは簡単です。いえ簡単に説明します!もっと簡単に自分に生かしましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェアの拡大
現在のランキングチェック! ← 人気ブログランキング


この記事を読んで頂いて、ありがとうございます!


売上を構成する要素はどうでしょうか?

もちろん、前回の公式は生きているという前提になりますが、
このように覚えてください。


最新記事や他ブログの更新はこちらで確認できます♪
-----------------------------------------------------

■メルマガ配信中です♪

『できる!わかる!一分間マーケティング講座』








>>メルマガの詳細はこちらをクリック!(マガジンID:0000170081)

-----------------------------------------------------

 「ユーザーの数」 × 「購入頻度」 = 売上構成要素


昨日の『売上の基本』を1店舗単位に落とした場合の要素です。

お客様の数が増えれば増えるほど良いし、
その一人のお客様が買ってくれる回数が多ければ多いほど良い。

ということです。


その売上を上げる為にしなければならないことは?

(1)お客様の数を増やす。
 ・新しいお客様(ユーザー)を獲得するということです。

(2)競合商品と比較される土台に乗る。
 ・比較・検討される時には、必ず比較させるということです。
  なぜか?
  実は、比較すらされていない場合が多いからです。

(3)公正であること。
 ・嘘はいけません。「清く、正しく」が基本です。

この基本を大事に守っていくことです。


もちろん、既存のお客様も大事にしなければなりませんよ。
でも、成長を望むのであれば、
この3つのポイントを常に意識することが必要です。

つまり、全ての行動がこの3ポイントに行き着いているか?
これを意識して行動しなければならないということなんですね。


今も紛糾しているライブドア事件。

成長著しいブランドの一つだったと思います。←過去形ね♪
ポイントの1と2は、常にクリアしてました。
でもポイント3を意識してなかったんですね。

結果として、ユーザーを手放してしまいました。

当たり前のことですが、当たり前のことを当たり前のように実行する。
意外にも出来ていない企業が多いんですよ。
過去を辿れば雪印事件もそうでしたね。
東横イン事件も同じです。

このポイント3を常に意識していれば失策も成功への助役になります。

顕著な事例が「松下電器」。

年末のボーナス商戦を迎えていながら、
全ての広告を「お詫び広告」に変更しました。
結果として、企業としての価値は逆に上昇しましたよ。



と・・・・・書いてるうちにおもいっきり話が反れてしまいました(汗


えと・・・

ああ、そうでした。
「シェアの拡大」でしたね。

書くべきことは書いてしまったので纏めちゃいますね。

要するに、マーケットの中でシェアを拡大するためには、

「新しいユーザー」

を常に意識しなければダメだってことです。

でも、気をつけなければいけません。

新しいユーザーは常に他の競合商品から「侵食」される可能性があります。
いわゆるブランドスイッチですね。

ブランドスイッチということも頭に入れておきましょう。


次回は、ブランドスイッチのタイミングを書いてみます。


役に立った!と思った方はコチラをクリックしてね♪
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marketblog.blog23.fc2.com/tb.php/23-d38ee5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。