できる・わかる!素人マーケティング講座
マーケティングは大手企業だけのもとではない!中小企業だって、個人経営にとってもマーケティングは活用できる! マーケティングは簡単です。いえ簡単に説明します!もっと簡単に自分に生かしましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新商品発売後の消費者態度
現在のランキングチェック! ← 人気ブログランキング


この記事を読んで頂いて、ありがとうございます!


とある新商品が発売されたとしましょう。

その結果、この商品に対してのお客様の態度は5つのグループに分かれます。

今回は、そのグループについて解説します。

最新記事や他ブログの更新はこちらで確認できます♪
-----------------------------------------------------

■メルマガ配信中です♪

『できる!わかる!一分間マーケティング講座』








>>メルマガの詳細はこちらをクリック!(マガジンID:0000170081)

-----------------------------------------------------

●グループ1『その商品をまだ知らない人』

読んで字のごとくです。
新商品の発売に対しての広告に接触していない。
あるいは、広告に接触していても気づいていない。
接触できる売場に足を運んでいない。
あるいは、売場で接触していも気づいていない。
広告、販売促進そのものが目につく内容になっていない。

この様な要因で、「その商品をまだ知らない人」になっています。
仮にこの商品の認知率が50%とした場合、
残りの50%の人が「まだ知らない」に該当します。


●グループ2『その商品を知っていても、まだ試していない』

名前は知っている。
聞いたことがある。
売場で商品を見た。
広告を見た。
だけど使ったことも試したこともない。

これが、このグループです。
ある調査では、認知率が50%あった場合
(100人中50人が商品のことを知っている状態)、
このグループは約15%に上るという結果が出ています。


●グループ3『その商品を何度か試したけど、買わなくなった人』

試してみた結果、あまり効果を感じなかった。
自分の趣味嗜好に合わなかった。
期待外れだった。
興味本位で試しただけで元々継続する意思がなかった。

等・・・
理由は様々ですが、商品に対して拒否的なグループです。
ただ、商品がよっぽど粗悪でなければ、
このグループは極端に少ないです。
商品自体が粗悪でなければ、せいぜい1~2%のグループです。
もし、よっぽどの粗悪品だったとすれば、
それは買わせること自体が間違いです。
買えば買うほど反感をかってしまう。
そんな商品を市場に出してはいけませんよ。


●グループ4『その商品を何度か試した結果、中立的な人』

試してみたけど、可もなく不可もなかった。
試してみて、まぁまぁだった。
思ってたよりも悪くなかった。
その商品しかなくて、まぁいいかと思った。

等・・・
これも理由は様々ですが、商品に対して中立的なグループです。
可も無く、不可も無い。
このグループの特徴とも言えます。
良い言い方をすれば「普段選ぶ商品のレパートリーに加えても良い」
と考えるグループです。
このグループが一番多く、認知度が50%だった場合、
20~25%はいると思っていいでしょうね。


●グループ5『今後も積極的にその商品を選びたい』

試してみて思いのほか良かった。
期待通りに良かった。
期待してたよりも断然良かった。
普段使っていた商品よりも良かった。

その商品に対し、好意的なグループです。
最も、ロイヤルユーザーに近い存在です。
といっても、あくまで「好意的」というだけで、
買い続ける訳ではありません。
グループ4と比較するなら「レパートリー中の一つ」に加わったというだけです。
もちろん、この中には自分の中でNo.1になっている人もいます。
いわゆる『好んで買う』というグループです。
認知度が50%程度なら、8~12%はこのグループに入ると思います。



例として認知度を50%と設定してみましたが、
100人中50人が知っている状態にすることは非常に困難です。

とはいえ認知度が上がれば、
知らないというグループが減るわけですから、
グループ5の「好意的なグループ」も底上げされます。

知ってもらうことは、とっても重要なんですね。
もともと知らない商品は買えませんし。
それに、買わない人でも商品を知っていれば、
買ってもいい(もしくは買っている)と思っている人も、
自分が買っていることに自信をもつことができます。


知ってもらうことの大切さ。
理解させることの難しさ。

少しでも底上げすることができれば、
必然的に好意的に思う人が増えるということです。



役に立った!と思った方はコチラをクリックしてね♪
スポンサーサイト

テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marketblog.blog23.fc2.com/tb.php/25-9df2ea76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。